抗がん剤治療の副作用が出たら帽子を被ろう

ウーマン

頭の形に合ったものを

女の人

素材も大事

病気で抗がん剤治療をしている場合、副作用の為に髪の毛が抜けてくることがあります。そういう場合は、人の目が気になるということももちろんですが、頭部を保護するためにも帽子を被ることをおすすめします。抗がん剤治療をしている方が帽子を選ぶ時には、まず自分の頭のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。なぜなら、小さすぎると頭を締め付けて被り心地が良くありませんし、大きすぎると目のあたりまでズレ落ちてくることがあるからです。ですから、必ず帽子のサイズと自分の頭のサイズが合っているかどうかを確認することが大切です。できれば、購入前に試着してみるようにすれば、失敗することを防げます。また、抗がん剤治療中は、体調が優れないためにベッドで横になっている状態が多くなります。このため、着用する帽子は寝ていても違和感がない素材のものを選ぶことが大事です。例えば、綿素材のものであれば、長時間被っていても通気性が良いですから蒸れませんし、肌がチクチクすることもほとんどありません。こうしたことから、抗がん剤治療をしている方が帽子を選ぶ場合は、肌に影響を与えない天然素材のものを選ぶこともポイントの1つになります。室内用と外出用の2つを用意しておけば、気温の変化にも対応できますし、おしゃれの幅も広がります。この他にも、洗濯しやすい素材であることも大切ですから、洗濯機で洗えるものかどうかも確認しておくと良いでしょう。

がん治療中のおしゃれとは

婦人

抗がん剤によるがん治療は、様々な副作用が起こります。投与から2週間ほどで脱毛がはじまり、髪の毛が抜けてしまうのです。しかし、現在では医療用帽子が沢山販売されているので、治療中でもおしゃれを楽しむ事ができるのです。帽子は、おしゃれだけでなく、精神的ダメージの軽減や、頭皮を守ることができます。

がん治療の被り物

女性

抗がん剤治療中に使う帽子は、刺激が少ない国産品のオーガニックコットンで作られた物にしましょう。また色は肌になじみやすいナチュラルカラーの方が目立ちません。さらにサイズは伸縮性がありずれにくい物にし、その上で就寝用や外出用など用途で使い分けると便利です。

治療時には必要不可欠

ウーマン

抗がん剤を飲んでいると、副作用として髪の毛が抜けてしまいます。髪が抜けている状態では人目が気になり外出しづらくなりますが、かつらを利用したり帽子を被ったりして対応している人が多いです。医療用帽子は、きつくなくてチクチクしないものを選びます。

Copyright © 2017 抗がん剤治療の副作用が出たら帽子を被ろう All Rights Reserved.