抗がん剤治療の副作用が出たら帽子を被ろう

レディ

がん治療の被り物

女性

刺激から頭皮を守ろう

抗がん剤の治療が始まると、副作用で髪の毛が抜けてしまうことになります。そんな状態の頭皮は大変デリケートな状態になっており、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうことがあるようです。そのため抗がん剤の治療中は、頭部の保護のためにも帽子をかぶることが推奨されています。これはかゆみや外部の刺激から頭皮を保護するだけでなく、髪が抜けた状態を他人の目からカバーするのにも役立つアイテムとなってくれるでしょう。とはいえただのニット帽では、肌に刺激が強すぎて帰って痒みやかぶれを招いてしまう恐れがあります。そうならないように素材やデザインなど、よく吟味したうえで購入しなくてはいけません。ではどんな帽子を抗がん剤の治療中に選ぶといいかというと、国産品でなおかつオーガニックコットンであるものが最適です。その上でできれば縫製している糸も国産品で、国内で作られた商品ならいうことがありません。これなら肌に対する刺激も少なく、ニットでかぶれる可能性が減らせます。またそれに加えて、抗がん剤治療中は色合いが派手な帽子も避けた方が無難です。なぜかというと、目立つ色だとそこにばかり他人の視線が集まるからといえます。そんな理由からも、色を選ぶ時は肌になじみやすいナチュラルカラーを選ぶようにしましょう。それ以外では、ほどよく伸縮性がありつつずれにくいサイズの帽子が抗がん剤での治療中はおすすめです。その上で就寝用や外出用というように、用途によって使い分けるとより快適に過ごすことができるでしょう。

Copyright © 2017 抗がん剤治療の副作用が出たら帽子を被ろう All Rights Reserved.